スカイプ質問会って?パワートラベラー実践会卒業生の私が徹底解説♪

こんにちは!パワートラベラー実践会卒業生の山口です。

パワートラベラー実践会メンバーになると色々なコンテンツを利用することができますが「ちょっとイメージしにくい」という人も多いと思います。

そこで今回はパワートラベラー実践会メンバーコンテンツのひとつである「スカイプ質問会」についてご紹介します。

山口

入会当初、私はサイト作成の知識が全くなくてパソコンも苦手で・・・。

 

そんな私がめっちゃくちゃお世話になったのが「スカイプ質問会」です!

パワートラベラー実践会の
コンテンツって?

パワートラベラー実践会のメンバーになると、メンバーだけが利用することが出来るコンテンツが用意されています。(パワートラベラー実践会についてはこちらの記事で詳しく紹介しています)

  • WEB資産構築マニュアル(随時更新)
  • オーディオブック配信

山口

これは阪口さん(パワートラベラー実践会の運営者)から提供される一方通行のコンテンツです。

メンバーサイトにアップされるので、そこから自分で学ぶ方法ですね!

これとは別に、阪口さんや他のメンバーさんと直接やり取りが出来るコンテンツがあります。その中の1つが「スカイプ質問会」です。

  • シェア会
  • 少人数勉強会
  • スカイプ質問会

阪口さんに直接質問したり他のメンバーさんと交流できる貴重なコンテンツの1つです。

Skype(スカイプ)って?

そもそも「スカイプって何?」という人もいるのではないかと思います。私がそうでした。

スカイプとは
マイクロソフトが提供するサービスで、インターネット回線を利用して通話・ビデオ通話・チャットが無料で利用出来るツールです。

公式サイトからインストールして登録すると使えるようになるのですが、所要時間は5分程度10分もあれば十分だと思います。

文明の利器にからっきし弱い私でも困ることなく利用できているので、多分誰でも使えるはずです。

スカイプ質問会の前日には阪口さんから「明日スカイプ質問会だよ~」とお知らせが来ます。こんな感じです☟

そして、毎回参加方法が記載されているのでその通りに進めればすぐに利用できるようになります。

実際のスカイプ画面はこんな感じです☟

パワートラベラー実践会からのメールはいつでも「初めて」の人が困らないような丁寧な内容です。なので「今回から参加してみよう!」と思った場合でも過去のメールをさかのぼったり検索する必要がありません。

メールに限らず阪口さんから提供されるコンテンツやマニュアル、メールは「いつでも」「誰にでも」理解出来る言葉が使われていてアフィリエイトに大切な「ユーザー視点」がめちゃくちゃ発揮されているなぁと勉強になります。

スカイプ質問会に
参加してみよう!

参加方法

STEP.1
スカイプに登録
スカイプをダウンロードして利用できる状態にしましょう
STEP.2
阪口さんと繋がろう
「コンタクト申請」をして阪口さんとつながりましょう
STEP.3
質問会に参加しよう
質問会用のチャットルームに招待されるので、そこで質問してみましょう

注意点

スカイプ質問会の開催日時はメールでお知らせされます。

スカイプ質問会が始まると阪口さんも忙しくなるので、開催時間までにコンタクト申請を済ませてチャットルームに招待してもらうようにしましょう。

タイミングが合わない人

お子さんがいたり働いているとこの時間帯にPCを開けない場合もあると思います。

そんな場合はスカイプ質問会の開始前であっても「時間前ですが先に質問させてください」と質問を投げておくこともできます。

そうすれば、スカイプ質問会の時間内に阪口さんが回答してくれます。その確認が時間内に出来なくても問題ありません。

山口

私も子供の寝かしつけと重なることが多くて、よく「フライング」で質問していました!

こんな感じです☟

どんな人が参加してる?

スカイプ質問会は色々な人が参加しています。

「初めて参加します」「本日もよろしくお願いします!」こんな挨拶が飛び交っています。

お勧めの参加方法

スカイプ質問会のチャットルーム(質問を書き込む部屋みたいなところ)は毎月変わります。

その為、毎月「参加したいです!」と阪口さんに申請する必要があります。

「そんなに聞きたい事ないよ」という場合でも月初には申請することをおすすめします。チャットルームに招待されていれば、自分では質問をしなかったとしても他のメンバーさんの質問とそれに対する阪口さんの回答を見ることが出来ます。

参考になる内容がたくさんあるで、毎回チェックする癖をつけておくといいと思います。

スカイプ質問会
みんなどんな質問してる?

スカイプ質問会に参加したことがないと、聞きたいことはあっても「こんな事聞いていいのかな?」と不安になり質問する勇気が出ない人も多いと思います。

山口

私もサイト作成を始めたばかりの頃は「そんな初歩的な事聞くなよ~」って思われるんじゃないかとかなり勇気がいりました。

 

でも大丈夫です!どんな質問でも阪口さんは可能な限り回答をくれますし、同じようなことで悩んだり迷っている人の助けにもなりますよ!

スカイプ質問会で飛び交っている質問は大きく4つに分かれている感じがします。

1.阪口さん個人に対する質問

出典元:パワートラベラー実践会公式サイト

アフィリエイトとは関係ない質問もOKです。「阪口さんはどんな音楽を聴きながら作業していますか?」や「旅行に行くのですがおすすめのホテルはありますか?」といった質問です。具体的にはこんな感じです☟
阪口さんからの回答はこんな感じです☟

2.阪口さんの見解を聞く質問

例えばGoogleのアップデートがあった場合に「今回のアップデートをどう思われますか?」のような、ざっくりとした見解を聞くような質問です。具体的にはこんな感じです☟
回答はこんな感じ☟

3.運営サイトに対する質問

サイト運営をする上で分からない事や気になった事に対する質問です。

  • タイトルのつけ方
  • キーワード選定の方法
  • アクセスが伸びない悩み

具体的にはこんな感じです☟

回答はこんな感じ☟

4.ツールなどに対する質問

「こんなことをしたいのですが、便利なツールはありませんか?」「こんなエラーがでたのですがどうすればいいですか?」などツールに関する質問です。具体的にはこんな感じです☟

これは、阪口さんが分かる範囲であれば回答やアドバイスがもらえます。こんな感じです☟

スカイプ質問会をおすすめる
2つの理由

私はパワートラベラー実践会の卒業生として「絶対スカイプ質問に参加した方がいい!」と思っています。その理由は2つです。

1.自信がないと手が止まる

例えば広告を選ぼうとした時、何かの理由で「AとBどちらにしようか」と悩みます。自分なりに「Aで間違いない!」と思えれば問題ありませんが、そうでない場合「やっぱりBが良かったかな・・・いや、Aが正解かな・・・」と何度も振り返り手が止まる事になると思います。

しかし、そいういった悩みを阪口さんに聞いてもらう事で少なからず「そうだよね!こっちだよね!」と自信を持つことができます。

山口

私は毎日作業を進めるうえで、気になった事をメモに書き溜めていました。

 

解決したことは線で消していき、スカイプ質問会の日まで残った疑問はそのまま貼り付ける形で質問していました!

サイト作成は「いかに手を動かせるか」に掛かっています。少ない経験値で分からないことを何度も考えるより、阪口さんに聞いてみるほうが効果的な場合があります。(もちろん「まずは自分で考える、調べる」のが大前提です!)

2.ひとりでは気づけない事に気づける

本当の初心者は「分からないことが分からない」状態だと思います。初心者だけでなく新しいことに挑戦しようとしている時には「何を聞いたらいいか分からない」という状態になることがよくあります。

スカイプ質問会には「自分と同じ」もしくは「自分より少し先」をいくメンバーさんが様々な質問をしています。

その質問はまさに自分が言葉には表現できなかった悩みだったりします。

山口

私も実際にメンバーさんの質問を見ていて「それ!私も悩んでた!」ということがよくありますし、「そんなこと考えもしなかった!!」という気づきもあります。

最後に

サイト作成は知識や作業量がとても大切ですが、継続する「熱量」みたいなものが一番大切なのではないかな?と個人的に思います。

正しい方法で続ければかなりの確立で収益化に成功すると思うのですが、「正しいやり方」と「継続」が意外と難しいもの。

パワートラベラー実践会で得られるマニュアルがあれば正しいサイトを作成することは十分可能だと思いますが、その熱量を持続するためにはスカイプ質問会やシェア会など、能動的に行動することが結構大切なんじゃないかな・・・と思っています。

ぜひ、孤独なサイト作成を続ける上で「信頼できる仲間」を見つける行動も起こしてみてくださいね。

山口

私はパワートラベラー実践会を卒業しましたが、パワートラベラー実践会で出会ったアフィリエイター仲間はいまや「普通の友達」になった人がたくさんいます。

 

社会人になって「友達」と呼べる人に出会えたことにとても感謝しています!

パワートラベラー実践会に興味がある方はこちらで詳細を確認してください。

 

ご質問は私にわかる範囲であればお答えさせていただきます。

サイト内のコメント欄もしくは、Twitter「ぴぃ(@corocoro_mama)」へどうぞ。