Googleのアプデでサイトが飛ばされた今、思うこと。

私がサイト作成を始めたのは2018年1月。

2019年11月9日(私のサイトの順位が大きく変動した日)初めてGoogleのアップデートによりサイトが飛ばされました。

私は特化型のアフィリエイトサイト以外はこのサイトしか作ったことがなく、毎日毎日記事を書いているにも関わらず自分の思いを文字にしたことがありません。

今回サイトが飛ばされたことで色々と感じることや気づきがあったので、思いつくままに綴ってみようと思います。

山口

キーワード選定も競合調査もせずに記事を書くのが初めてで、なんだか不思議な気分です。

 

習慣でつい「検索されそうな言葉」を探してしまうのですが、今日は自分の言葉で書いてみたいと思います。

思いつくまま書いたので、まとまりがなく誰の役に立つのかも分からない内容ですが、1人でもこの記事で「もう少し頑張ってみよう」と思ってくれたら嬉しいです。

飛ばされたサイト

私がサイト作成を始めたのは約2年前。

ブログも書いたことがなくて、全くの無知な状態でアフィリエイトのオンラインスクールに入りサイト作成を始めました。

それから約2年。作ったサイトはこのウィズファムを入れて4サイト。ここ最近の収益の内訳はこんな感じでした。

サイトA 15〜30万
サイトB 10〜25万
サイトC 2〜10万

なるべくGoogleのアップデートを受けにくいジャンルを選んでいたので、この2年サイトが飛ばされることがなかったのかもしれません。

ただ、サイトAもBも広告主には結構振り回されました。特単の全承認をくれたと思ったら単価を半分に落とされたり、予算オーバーとして急遽広告掲載を中止して欲しいと言われたり。

私はサイト作成を始めて数ヶ月目の時「初発生」があり死ぬほど嬉しかったのですが、その数日後に広告主から提携解除と発生成果の非承認を通告されたことがあります。

山口

「退会」というキーワードで記事を書いたのがマズかったようです。

 

その頃はサイトにも自分にも全く力がなかったので、その一方的な通告をただ受け入れるしかありませんでした。

 

あの時の絶望と悔しさは2年近く経った今でも鮮明に覚えています。

この経験があるので、ある程度「広告主は自分勝手」「無慈悲」という感覚が植えつけられています。

だから「商標名」での上位表示は狙わず「悩みに関する記事」を書き、その解決策として広告を紹介するようにしています。

こうすれば、広告主から提携解除を食らっても、撤退されても、他の類似広告に貼り替えるだけで難を逃れることができます。

「商品名+口コミ」なんかで上位表示されれば収益も上がりやくなりますが、1記事に収益が偏ることが怖いというのもあり、収益の発生源はできる限り分散させてきました。

これが良くも悪くも今の生ぬるい私を生んでしまったのだと思います。

飛ばされても収益が0にならない不幸

「今回初めてサイトが飛ばされた」と言っていますが、小さな被弾は何度もあります。

サイトの中で稼ぎ頭だった記事が自分のリライトにより遥か彼方に飛んだこともありますし、アプデを受けて遥か彼方に飛んだこともあります。

しかし、私のサイトはよく稼いでくれても1記事10万円くらいまで。複数の記事が細々と稼いでくれている構成です。

だから扱っているジャンルがアプデの対象になっても収益が0になることはありませんでした。それに、うまいこと季節要因などと重なって、他のサイトや記事がその被弾した分を補ってくれて運良く50万前後の収益を維持していました。

これが「運良く」ということを自覚していたので、もっと何か手を打つべきと分かりつつ収益が0にならない甘えのようなものがありました。

サイトが飛ばされる幸運

私の周りには桁違いに収益を上げているアフィリエイター達がいます。その人達も大抵「サイトが飛ぶ」という経験をし瀕死の状態を味わってきています。

しかし、サイトが飛んでなお立ち上がりアフィリエイトを続けている人は皆、被弾前より大幅に飛躍しています。なので、私の中には常にこんな思いがありました。

  • サイトが飛ばされることは幸運
  • サイトが飛ばされてからが一人前
  • サイトが飛ばされた時が勝負

私のサイトはどうやって飛ばされた?

まず、2019年9月のGoogleアップデートでサイトBが軽く被弾しました。

10〜15万ほど収益が落ちました。しかしサイトCが育ってきたタイミングとサイトAの繁忙期だったので収益に致命的なダメージはありませんでした。

そしてサイトBの収益が回復せずままの2019年11月、サイトAが被弾。アクセスは3分の1程になりました。

それでも地味な記事からの内部リンク経由でキラーページからちょこちょこ収益が発生します。なので分析をほぼしない私は「飛ばされた」という感覚があまりありませんでした。

しかし、サーチコンソールを確認してここでやっと現実を受け止めました。

サーチコンソールでグラフがガタ落ちになるのは何度も見ていますが、グラフから線がなくなるのは初めての経験でした。「これが飛ばされるというやつか」と妙な納得を覚えました。

しかも、見事に収益を上げていた記事が完全に飛ばされていました。

アフィリエイトはもう稼げないのか?

ここ最近の頻繁なアップデートでたくさんのアフィリエイターやブロガーさんが被弾したと思います。中には絶望を感じて辞めてしまった人もいると思います。

twitterのDMなどでも「もうアフィリエイトって無理ですか?」「続けていて大丈夫だと思いますか?」という質問を何度かいただきました。

確かにGoogleは無慈悲なアプデを繰り返すし、広告主の撤退や予算の関係での単価引き下げ、リスティング広告のアフィリエイト規制に単価引き上げ。

何かと厳しくなってきた感じはあります。(ほぼ知ったかです。深い知識は全くありません。)

しかし「稼げるか」「稼げないか」とはまた別の話だと思っています。特にまだ成果を出せていない状態の人や、始めてすらいない人が「オワコン」とか言っているのは「は?」と思ってしまいます。

確かに、内容が伴っていなくてもひたすら記事を投下して、ブラックであっても被リンク送りまくって、それでちょっとした「不労所得」的に大金を稼げる時代ではありません。

でも、きちんと勉強して時間を費やし価値あるものを提供すれば「会社に勤めているのと同じくらい」の収益を得ることは決して難しくないと思っています。

それを好きな場所で好きな時間に出来る。これがアフィリエイトやサイト作成の最大のメリットであり「不労所得」はアフィリエイトのメリットではなくなった。そんな感じだと思います。

Googleに思うこと

Googleに思うことは一言「素晴らしいな」ということです。

私は誠実にサイト作成をし収益を上げてきたつもりですが「アフィリエイト」と検索すると簡単に高収入が得られるような怪しい文字が並んでいます。

どうしても怪しいイメージがあって、私自身友達や家族になかなか「アフィリエイトやってるんだ!」と胸を張っては言えません。

しかし、今のGoogleの頑張りが続けばきっと「無能なアフィリエイトサイト」や「嘘の口コミサイト」「やらせのランキング」などきっと上位表示されなくなると思っています。

そうなれば「アフィリエイト」はまともなビジネスモデルとして認識されるようになると思うし「アフィリエイトで生計を立てている」ことはきっと胸をはれることになると思います。

今回私のサイトが飛ばされたのは、私の考えの浅はかさや、アフィリエイトに向き合う姿勢にきっと間違いがあり、それをGoogleに指摘されたのだと思っています。

今後どうするか

とは言っても大切に育ててきたサイトですし、出来ればまたユーザーの目に触れる場所に戻ってきて欲しいと思うのでリライトやキーワードの変更で蘇生を試みる予定です。

あとは真剣に自分と向き合ってみようと思っています。

私はもともとアフィリエイトで大金を稼ぎたいと思っていたわけではなく「家で仕事をして会社員並の収益を手にしたい」と思っていました。

でも、たった1年と少しで50万円の収益が上がるようになってアフィリエイトドリームを味わい「もっともっと」と思うようになっていたと思います。

そもそも私が目指していたのは「アフィリエイトで収益をあげること」ではなく、「家族のそばにいながら家族を守れる力を身につけること」です。

いつの間にか「アフィリエイトで稼ぐこと」が目標になっていたと気づきました。とは言ってもやはり稼ぎたい!笑

でもそれ以上に、いつまでも目標を持ってそれに向かってジタバタする自分でいたい。そう思います。

具体的に今日から何するの?

昨日「サイトが飛んだ」と自覚してからの今日。久しぶりに「何をしていても思考が止まらない」という状態になりました。何かに熱中している時の私の特徴です。

そこで決まった今日からすることはこちら↓

・思いを綴る(この記事)

 

・自分のしたいこと・したくないことを書き出す
∟これは2年前にもしたことです

 

・目標設定をする
∟1ヶ月後、3ヶ月後、半年後、1年後

 

・なりたい自分を書き出す

 

Googleからのラブレターを印刷して熟読

 

・手持ちサイトの修正

 

・ずっと書きたかった記事書く

アフィリエイト1本で生計を維持するのはやはり難しい。かもしれない。そうなのかもしれない。

でもそれはアフィリエイトで成功した人だけが言っていい言葉だと思っていて、私が言うには千年早い。なので成功するまで続けます。

自分の無力さや失敗を「時代」や「環境の変化」のせいにするのは卑怯だと思うからです。

ただ…その先の事を真剣に考える時である。とは思っています。

今後の私の課題

サイトが飛ばされたとは言え、本気を出せばまた数十万レベルの収益が上がるサイトは作れると思っていて。(ごめんなさい…ごめんなさい…強がりです…)

でも、私の最大の弱点は「全て感覚でやっている」ということ。

優秀なアフィリエイターと一緒に仕事をすると、もう本当に自分の知識のなさや頭の悪さに逃げ出したくなるほど恥ずかしくて情けなくて…

  • 記憶力が衝撃的に悪い
  • 理解力が感動的に悪い
  • メンタルが破壊的に弱い

こんな感じなので、自分では出来ても再現性がなく、人に教えたり、誰かの何かに責任を持つということが出来ないのです。

この部分をなんとかして、アフィリエイトで培ったことを活かす道を考えたいと思います。

山口

何が言いたいのか分からない感じになってしまいましたが…

 

今まで以上に頑張るし、アフィリエイトを始めた時の謙虚でワクワクした気持ちが戻ってきたぞ。と言うことでした。

 

長々と書いてしまって、それを最後まで読んでくださった方…ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です